UTO(株式会社ユーティーオー)

historyUTOヒストリー

1970年代「旅行屋時代」

旅行やとして、ニット業界の人たちをロンドン、パリ、ミラノ等をリサーチするツアーを作り案内していた。 ファッションのことは全くの無知で、パリにおられたデザイナーの島田順子さんに大変お世話になった。このツアーがきっかけで、㈱レ・アールというニットメーカーに入り思いもよらぬ転職。ニット屋に。

1980年代「ニット屋時代」

英国・ジョンスメドレー本社にて

自社で販売していたカシミヤに出会い、軽くて柔らかいカシミヤの風合いに魅せられる。 日本国内を初めとし、香港、台湾、韓国の多くの工場を訪問しての生産を経験。 海外の工場に生産依頼のためにイギリス、イタリアの工場を訪問し、洋の東西の生産方法や考え方の違いを知る。

1992年「bhf時代」

ハイファッションのベースになる高感度のニットを提供したいと、港区南青山で創業。
bhfとはベース・オブ・ハイファッションの略。

2000年〜「UTO時代」

2000年

ニットは大量生産が常識。独立後はその多ロットと在庫で苦しみ、ニット屋からの撤退も考慮。

2002年

どうせ撤退する覚悟なら好きなカシミヤだけでもう一度やりたい、それで駄目なら諦めようと、カシミヤに特化し、業界では例を見ないニットのオーダーを開始。ヨーロッパやアジアのニット工場と仕事をした経験がスタートの原点。

2005年

ニット編み機(島製機SES)を導入し、山梨に工場を開設。

2006年

書籍「カシミヤとニットの話」
書籍「カシミヤとニットの話」

(発行所:繊研新聞社)

繊研新聞社より「ニットとカシミヤの話」を上梓

三越・日本橋本店にて受注会

三越日本橋本店とコラボし「世界一の原料から物作りまでのトレーサビリティを証明できるセーターを提供する」という企画に参画。世界最高峰の原料を産する中国内モンゴル自治区の阿拉善(アラシャン)左旗のカシミヤ放牧民を訪問。中国・阿拉善産100%カシミヤ原料を使用し、お客様のオーダーでの製品をユーティーオー工場で製造し提供。

2011年

リンキングはニット独特の工程

ユーティーオー岩手工場

被災地岩手の雇用促進に少しでも貢献したいという思いから、大震災のすぐ後に山梨から岩手に移転。

2012年

既製ブランドのUTO kitakami をスタート。
岩手県の企業市民として、前年発生した東日本大震災で被災者の方に、UTO kitakamiの商品が1枚売れるごとに100円を寄附することに決めて北上市に寄付を始める。

2013年

東日本大震災の被災者へ、初年度 78,600円の寄附を北上市へ届ける。
5月、工場を北上市下江釣子へ移転。

2014年

東日本大震災の被災者へ130,200円を北上市に寄付。
11月よりふるさと納税スタート。

2015年

東日本大震災の被災者へ221,400円を寄附。
13~14年度ふるさと納税で約2千5百万円の寄附を頂く。

2016年

著者:UTO 宇土寿和「中小製造業 逆転のブランディング」
書籍「中小製造業 逆転のブランディング」

(発行所:幻冬舎)

東日本大震災の被災者へ400,000円を寄附。
11月幻冬舎より『中小製造業 逆転のブランディング』を上梓。
15~16年度ふるさと納税で2億円の寄附を頂く。

2017年

16~17年度、2年連続ふるさと納税で2億円の寄附を頂く。