UTO(株式会社ユーティーオー)

about-uto

あなただけのカシミヤニット

ユーティーオーは1992年に東京・青山でニットメーカーとして創業しました。自社で一貫して、企画・製造・販売をする日本では数少ないニットメーカーで、受注生産で自分サイズのニットを仕立てることができる『UTO』と、レディメイドでデザイン性に富んだ『UTO kitakami』の2ブランドを展開しております。
ブランドの本質はもの作りだと考えています。UTOの製品は岩手県北上にある直営工場と、日本国内の熟練した職人達の協力でつくられています。

ユーティーオー製品のこだわり

CASHMERE

一番好きなカシミヤを
世界一になるまで追求したい。

カシミヤとは零下30度以下、夏は30度を超える中央アジアの厳しい環境に生きるカシミヤゴートと呼ばれる山羊の獣毛です。夏に生えかわる冬毛は、ウール等の他の繊維に比べて細く、キューティクルがある為カシミヤ天然の油分と合わさって製品にしたときに独特の滑らかな肌ざわりと軽さが生まれるのが魅力です。

カシミヤへのこだわり

ORDER MADE

好きな色で、ピッタリサイズのニットを仕立てることができる、世界でも稀なメーカー。

ニット生産の基本は量産です。同じものを何百枚、何千枚と生産します。ニットは編地の特性として、織物のようにカットすることができません。自分の好きなサイズにつくるにはパーツ(型紙)に編み上げなければなりません。好きな色で、お気に入りのサイズに仕立てられるというのは、世界でも稀なのです。

オーダーメイドへのこだわり

MADE IN JAPAN

世界に誇れる、日本のものづくり。

日本の繊維流通の内で、日本製は3%を切ってしまいました。技術も風前の灯です。
優れた技術とこだわりのカシミヤ使ったニットづくりで、日本のモノづくりの技術と雇用を守っていきたい。そうおもっています。

日本製へのこだわり

COLOR

カシミヤはどうしてあんなに良い色?

カシミヤはワタの状態で染めます。その染めたワタを何色かでブレンドすることによって様々な色合いを作り出しています。
カシミヤの発色が良いのは、一本一本の繊細な繊維が光を反射しとても良い発色を生み出しているからなのです。

色へのこだわり

TEXTURE

風合いは、ニットデザインの大事な要素です。

カシミヤの一番すぐれた点は肌触りの良さ、気持ちの良い柔らかさでしょう。最高の風合が出るように、熟練の職人たちが、縮絨というカシミヤ独特の風合だし工程を始め、全品自然乾燥という手間をかけながらつくっています。

風合いへのこだわり

KNITTING

きれいにそろった編地。目立たない所にも気を遣っています。

編地の元は原料と編みです。ムラの無い世界最高峰の糸を使用し、最新の精密機械で丁寧に編み上げ、その職人の都度厳しい目で検品しながらつくっています。特に細かい編目のニットが多いUTOの製品には気を配りっぱなしです。

編み地へのこだわり