UTO(株式会社ユーティーオー)

日赤医療センター

 お世話になりました最寄りの病院

 青山通から骨董通りに入り当社の前を通り過ぎて六本木通りにぶつかります。地下道で六本木通りをくぐり狭い通りを5分ほど歩くと日赤医療センターです。UTОから歩きで10分ちょっと。ここは日本に沢山ある日本赤十字病院のいわば本店ですね。

 一帯には日赤医療センターと日本赤十字看護大学があり、お隣は聖心女子大。そして東側は広尾ガーデンヒルズという高級マンションがある広大な敷地です。戦前ここは昭和天皇の皇后さまの実家の久爾宮邸で、江戸時代は下総佐倉藩主堀田家の下屋敷だそうです。
 外苑西通りから一段の高台で、ここへ上る狭い急阪は今でも屋敷主の堀田を取って堀田坂と言われています。地図にも堀田坂とあります。

 堀田家は戦国武将としての戦功より、徳川幕府になって3代将軍家光に取り立てられてから出世したようです。それにしても譜代で11万石は凄い出世です。
 川越藩、松本藩から初代佐倉藩主になり徳川幕府の中で老中などの要職につき、幕末期には老中阿部正弘の後を継ぎ開国時の老中として外国との交渉を指揮しましたが、大老に就任した井伊直弼と対立し失脚します。しかし明治になって堀田家は伯爵を授かっています。


 
 この日赤医療センターには昨年から今年はじめ、夫婦で大変お世話になりました。
 11月に1泊2日の検査入院で癌が判明し、年が明けて前立腺の全摘手術を受けました。
 病室は今回も10階でしたが、たまたまコロナで延期になっていたカミさんの人工関節の手術と重なってしまい、先に手術入院していたカミさんも10階という奇遇でした。
 夫婦2人住まいなので同時入院は好都合でしたが、期間中はコロナ禍で面接禁止の為に同じフロアーでも逢うことは出来ず不足のものを看護師さんにもってきて頂くことになる始末。看護師の皆さんたちの間では夫婦での入院が話題になっていたらしく、「何かお奥さんにお使いありませんか?」と心配されたり、面白がられたりでとっても親切にしてもらいました。

 病室からは渋谷の高層ビル群と遠く富士山が見え、眺めが抜群でした。朝焼けのビル群と富士山。夜の灯り渋谷のビル群の明り。雲一つない青空。風雨が窓に打ち付ける嵐の一日。
 点滴や排出管に繋がれたまま、ベッドから見る景色にどんなに癒されたことか。

date

2021
2020
2019
2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2002