UTO(株式会社ユーティーオー)

columnニット屋のたわごと

column

ルネサンスの花が開いた街 (1993.10)

 知人や友人で、イタリアに行く人がいたら、「チャンスがあったら絶対に行った方が良いよ!」と押し売り的に勧めるところがフィレンツェ。英語読みでフローレンスで花の都と(きれいな名前ですね)言う意味。学生時…

続きを読む

column

リフレッシュ 山ある歩きの勧め (1993.10)

  小学生の頃から、補虫網を持って野山で蝶を追いかけまわす昆虫少年だったせいか、いまだに野山や高原を歩くのが大好きです。山や木々の緑の中にいると、頭の疲れがジンワリと取れて行くような気がします。最近は…

続きを読む

column

雨知らずのゴルファー天国 (1993.8)

円高が進み、一ドル百円にもなりそうな勢いですね。日本で稼ぎ海外で使う。この最も効率の良い使い方の一つが海外旅行ですよね。ニット屋になったけど、今頃まで旅行屋をやってりゃ良かったなどと時々思うほど、いま…

続きを読む

column

楽しくチャレンジ!英会話 (1993.8)

 ファッションとは関係ない話ですが、以前、海外旅行の添乗員をやっていた頃、「英語が出来て良いですね」と度々いわれました。でも英語には全く自信はありませんでした。自信があったら旅行屋ではなく通訳とか他の…

続きを読む

column

 もっともスイスらしい村 (1993.6)

  パリ八日間とか、パリ・ミラノ十日間などと言うツアーをよく見かけます。短期間で安いという手軽さから大変人気があるようです。短い旅だから仕事にお買い物にと忙しく飛び回りますね。でも土日のパリやミラノの…

続きを読む

column

零から壱へ (1993.4)

 創業二年目にはいり、やることなすことが会社として初めての事ばかりです。予定が立たず段取りが掴めず、ウロウロ、アタフタ。あっという間に一週間が終わってしまいます。厳しい中にも、モノ作りの楽しさもありま…

続きを読む

column

南青山界隈 (1992.12)

 小社のある南青山は、いま東京で最も注目されている処。 地下鉄表参道を中心に、有名な明治神宮へと下る表参道通り、原宿通り。渋谷へ向かう青山通りには、青山学院を初め、今年完成した国連大学校本部、世界中の…

続きを読む

column

こんなニット作りを目指します (1992.12)

 その時代時代の知的なハイファッションを展開、販売されている皆様のお店の多くの布帛の商品とコーディネイトして頂けるニットを提供したいと願っています。  その為には名前の由来である、ベース・オブ・ハイフ…

続きを読む

column

お客様の希望の寸法で作ります

今のところ、UTOがもっとも評価して戴いているのが、『多くの色の中から、貴方の希望のサイズで作ります』というセミオーダーメイド的なもの作りじゃないでしょうか? ニットはお直しは出来ないのが常識ですね。…

続きを読む

column

UTOには天使がいてくれる

『天使のセーター、天使のストール』は、手に取ったほとんどの人が『やわらかい!』『気持ちいい!』といってくれる我がUTO自慢のシリーズです。 カシミヤならでは、いや、カシミヤでもここまでの風合いの商品は…

続きを読む

column

お洒落のご馳走と、カシミヤへのこだわり

大変お手軽な値段のカシミヤを見ることがあります。 『同じカシミヤなのにどうしてそんなに値段が違うの?』と度々聞かれます。素朴な疑問だと思います。毎日カシミアを扱っているものとしては、『全然違うのになぁ…

続きを読む

date

2017
2016
2015
2014
2013
2012