UTO(株式会社ユーティーオー)

ワイレアビーチ・マリオット・リゾート&スパ  ハワイ・USA

『春は名のみ』の寒い日本。寒い時は南国の暖かさは魅力ですね。その代表がハワイですよね。ハワイの旅は、初級のワイキキを卒業するとオアフ島から他の島に移るようです。

マウイ島はホノルルから空路約二十分。ひょうたん型のマウイ島のリゾートは北と南に分かれています。
おでこに当たる北部はカアナパリを中心にカパルア地区まで広範囲に高級リゾートが広がっています。一方南部のおへそ辺りにこのワイレアというリゾートがあります。
マウイはトレイドウィンドと呼ばれる偏西風が何時も吹いているので、島の北部は天気が崩れやすいのにこのワイレア地区は比較的安定して良い天気に恵まれやすいところです。

今回紹介するワイレアビーチ・マリオット・リゾート&スパは僕が泊まった時はマウイ インターコンチネンタル ホテル ワイレアでした。
ホテル業界は栄枯盛衰が激しく、良いホテルほど狙われて買収や合併の攻勢ですぐに名前が変わってしまいます。このワイレア地区で最も歴史のあるインターコンチネンタルは最初に狙われたホテルですが、狙われるほど環境が素晴らしいホテルです。建物は改装出来ますが環境は無二の物ですから。

ホテル敷地に入って常緑の並木道をしばらく走ると、低層の別荘風のエントランスが迎えてくれます。海からのそよ風が吹き抜ける開放的なロビーで、鮮やかな色の南国の花々が活けられトロピカルな雰囲気を盛り上げています。
表から入ったらこのロビーが一階ですが、実はここは上層階で建物は崖に沿って下に向かって建てられていて海岸からみると高層ホテルなんです(確か6階建?)。
このホテルのお庭が大好きです。椰子の葉が涼しい日陰を作る緑の芝生。その芝生が、白い波が打ち寄せる海岸の岩まで続いていて、海が借景です。芝生と海岸の間を遊歩道が通っていて敷地の外れにあるプライベートビーチまで、ぶらぶら散歩するのが滞在中の一番の楽しみでした。

ワイレアGC.jpg

デッキチェアーを引っ張りだして寝ころんで海を眺めると、正面にモロキニ島が浮かび、右手にはいつも雲が湧いているイオニア山が望めます。ワイレア地区は近年高級リゾートとして再開発され、グランドワイレアを始めラグジュアリーなホテルが建ちました。新しいホテルの豪華さには及びませんが、自然の地形を巧みに取り入れた散歩道は自然派の人にはきっと気に入ってもらえるでしょう。

すぐ近くにあるワイレア・ゴルフコースが良いんですよ。全米の人気ランキングにいつも登場する綺麗なコースです。下手なくせにどういうわけかこのコースでのスコアーは良かったんですよ。
きっと初心者でもいいスコア―が出るように設計されているんでしょう。

マウイインターコンチネンタル.jpg

date

2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2002