UTO(株式会社ユーティーオー)

ホテルの便箋と封筒

 ホテルに備え付けの便箋と封筒がありますね。レターセットというとカッコいいですが。
 1枚の便箋と封筒に、ホテルならではの雰囲気を醸し出して見事にデザインされた小さな世界は、ホテルと旅を思い起こしてくれてとっても良い記念になるアイテムだと思います。
 
 1970年代のほぼ10年間旅行屋の頃は年に平均すると7泊ぐらいの海外ツアーに年10回ぐらいは行っていたので持ち帰っていれば随分と集まっているはずですが、あの頃はそんな余裕が全くなく今になってつくづく残念に思います。

 2000年のことです。インドへ出張中の商社勤務の友人からメールが届きました。ムンバイに滞在しているということです。ひょっとしたらと思い「ホテルはどこ?」と聴くと「タジマハールホテル」という返事です。懐かしい!さすが一流総合商社。そのホテルは20年以上も前に泊まったマハラジャの宮殿のようなインドの超一流ホテルです。
 私が泊まったのは、アフリカからの帰りの折、ケニアのナイロビからインド航空を利用した折にエンジントラブルでその日は飛べず、当時ボンベイと呼ばれたムンバイで一泊することになり、全額インド航空持ちでこのタジマハールホテルという超高級ホテルに泊まることになったのです。友人へすぐに折り返しメールで、「ホテルの便箋と封筒を持って帰って!」とお願いしました。「お安い御用!」と言うことで、あのタジマハールホテルの素敵な便箋と封筒が手元にあります。

 その後、出張や旅行で泊まるときは必ず持ち帰るようにしていますが、最近はビジネスホテルには備えていないことがありとってもガッカリです。
 たかが便箋と封筒ですが、新しいのは新しいなりに古いのは古いなりにその時代時代が反映されたデザインとホテルのセンスが現れていてとても楽しい。10年も経つとホテル側もデザインを変えるので懐かしく想い起こされる貴重な資料だと思います。
 電子メールが主体になった昨今ですので、残念ながらだんだんと無くなっていくのでしょうね。完全になくなる前に、旅が旅だった時代のアイテム、資料としても残したいものです。
 知人や友人が旅行や出張を聞くと、ホテルや旅館の便箋と封筒を、無かったらロゴ入りのメモでもいいのでもらってきてほしいとお願いしています。
 皆様!もしホテルなどの便箋封筒が眠っていたり、入手する機会がありましたら是非お譲りくださいませ。当社に連絡頂けると嬉しいです。乞うご協力!

宇土まで:

㈱ユーティーオー 東京都港区南青山5-4-35-607 

03-3498-2230 

mail:uto@uto-knit.com 

旅の資料館を作り永久保存したいです。

提供者様のお名前を入れて保存させて頂きます!

date

2021
2020
2019
2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2002