UTO(株式会社ユーティーオー)

2010.7 CCMIをご存知ですか?

* カシミアおやじのたわごと *

錚々たるメンバーはカシミヤ紡績業界のワールドカップ  

『UTOは一枚一枚丁寧な物作りが真情というのは分かるけど、素材のカシミヤのグレードはどの程度なの?』と聞かれることがあります。説明しにくいんですが、業界の人には次のように説明するとほとんどの人に合点して頂けます。

  CCMI、(カシミヤ&キャメルヘア・マニュファクチャラーズ・インスティチュート)という高級な糸を紡績している世界的な協会があります。20社にも満たない数ですが錚々たるメンバーです。

 ざっとご披露すると、イタリア代表は織物では世界一といわれるロロピアーナ。ゼニアはシャネルやアルマーニ等に糸を供給しているし、カリアッヂもカシミヤでは超有名な会社です。英国のドーソンは元バランタインやプリングルの親会社ですね。早い話がカシミヤなど、こだわりの高級糸を作る紡績会社の集まりなんです。

 日本代表は2社で、東洋紡糸と深喜毛織です。東洋紡糸は日本で最初にカシミヤを紡績した歴史を持つ会社で、世界中の紡績仲間から最高のニット糸を作る会社と評価されています。UTOのカシミヤはその東洋紡糸の糸を使っています。

 ふ~ん。『同じ世界最高クラスの原料を使っているなら、有名ブランドはン万円もするのに、どうしてUTOはそんなに可愛い値段なの?』。それを言われたら一言もないのですが・・・。世界最高峰の原料を使って、ヨーロッパ勢には絶対に負けない丁寧な物作りをしていると自負しているんですが、製造にかかるコストより宣伝や、コレクション等の付加価値の付け方や流通の違いなんだと思っています。

 『イカサマは許さない』と目を光らせるCCMI』

  最近このCCMIが知られるようになったのは、カシミヤ混率問題です。伊勢丹やユナイテッドアローズ等が販売したカシミヤの表示が実際の内容と違うということで、経済産業省から排除命令を受けて大騒ぎになりました。

 しかし、よく話を聞いてみると、中には、買い付けた時のサンプルはちゃんとカシミヤ100%で、バルク(量産現物)の先上げ見本の検査も、100%なので安心して店頭に出して販売した商品が、カシミヤが50%しか入っていなかったというような詐欺まがいのこともあったようです。

 これを購入されたお客様が被害者というのはもちろんですが、アパレルの方も被害でしょう。自分が騙されたら今度は自分が加害者になりなかねないカシミヤの怖さを痛感する事例です。

 一方、こんな事件が多発してカシミヤの検査が俄然厳しくなりました。万が一に備えて店頭で販売するカシミヤ商品すべてに公的機関の証明書の提出という風潮になりました。その証明書は2万円前後もするんです。

 一例ですが、ある大手小売店で販売するのに、ヨーロッパからの輸入品を少量しか販売しないのに1着10万円以上もする商品を切って検査に出して証明書を取ってからでないと店頭に出せないという、なんとも殺伐とした状況が発生したそうです。

 こんな事が起こったことで、今度は公正取引委員会から、小額の取引に対して多額の検査費用を要する証明書の要求は優位的地位の乱用などの不正競争防止法に抵触するという通達が出されるという顛末まで発生してしまいました。

  カシミヤは高価なゆえに悪徳業者に狙われる素材です。自分の取引先は信頼できてもその人が騙されていたら皆が被害者や加害者になりかねません。だから原毛から製品まで素姓のはっきりした信頼できる相手との取り引きが何より大事なんです。

date

2022
2021
2020
2019
2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2002