UTO(株式会社ユーティーオー)

2019.6 兼高かおる世界の旅の想い出

 海外旅行番組の先駆け、「兼高かおる世界の旅」の、兼高かおるさんが、今年(2019年)1月5日にお亡くなりになりました。90歳だったそうです。彼女は、私の人生にとっても大きな影響を与えてくれました。

 「兼高かおる世界の旅」は、1959年から90年までTBS系で約30年間放送された凄い番組です。
 番組が始まった59年は、田舎の我が家にテレビがやってきたのとほぼ同じ頃です。小学生だった日曜の朝、パンアメリカンの機影と主題歌の「80日間世界一周のテーマ」が流れてくると田舎の島原で釘付けになり見ていました。

 パンアメリカン、三井グループのスポンサーで、番組の終わりに香港のマンダリンホテルが映っていたと思います。
 憧れのヨーロッパ。木造の日本とは全く違う重厚な石造りの建物。街や教会。鼻が高く、ウェーブの髪でスタイリッシュな人々。桁違いに雄大な大自然や摩天楼のアメリカ。親近感のある顔の東南アジアの人々と独特の生活文化。当時はほとんど情報がなく未知の世界だったイスラムやアフリカの国々。今とは全く違う時代に未知の世界を垣間見せてくれた番組です。

 うら若き女性がたった一人で颯爽と世界を飛び回る。「なになにですのよ」、という彼女独特のお上品な語り口調が田舎の小僧にはとても印象的でした。「世界にはなんと魅力的な処が沢山あるんだ!」、「あんな処に行ってみたい」、「何時の日かあの地球儀のマークのパンナムに乗って海外に行くぞ!」と、幼心に決めました。
 
 当時海外旅行は夢のまた夢の時代で、「10問正解して夢のハワイに行こう!」というテレビ番組が人気で、10問正解者は羨望の的で日本航空のスチュワードさんが「つる」のマークの入ったバッグを渡す光景を羨望の眼差しで見ていました。
その時旅に目覚め一直線で最初の就職先が海外旅行の会社でした。

 幼い頃からの願いが叶い旅行屋になって海外に添乗をする機会があっても、世界のパンアメリカンに乗る機会はなく、初めてパンナムに乗れたのは1977年、ケニアのナイロビからナイジェリアのラゴスに飛んだ時でした。
 そのパンナムのナイロビ支店で予約したナイジェリアのチップトップという最悪のホテルで散々な目にあったおまけがありました。 

date

2019
2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2002