UTO(株式会社ユーティーオー)

グランドホテル パラティーノ  ローマ・イタリア

 このグランドホテル パラティーノは、今から40年以上も前の1975年、初めてのヨーロッパ添乗で夢にまで見ていたヨーロッパに着いて、最初に泊まったローマでの印象深いホテルです。

  古代ローマ帝国の名残を残す永遠の都、ローマ。初日は市内観光で、ひと通りの名所を巡り、興奮の中であっという間に過ぎました。翌朝、時差ぼけもあってか5時前に目覚め、「自分はいま念願のローマにいる」ことをはたと思い出したら、寝ている時間がもったいなく急いで着替えてホテルを飛び出しました。

  ホテル前の通りは、昼間はやけにクラクションがけたたましく、うるさい通りと思っていましたが、まだ目覚めていないローマの街は石造りの建物が並び、石切り場のような気分がしました。感を頼りに3分ぐらい歩くと昨日見た石柱が並ぶローマ帝国遺跡を象徴するフォロロマーノが目の前に広がりました。誰もいない遺跡は昨日の市内観光の時の印象とは全く違う世界でした。

 「シーザーがここで演説したのかぁ」と、感慨にふけりながらふと左に目を移すと、ドーンとコロッセオが聳えています。圧倒するように聳えるコロッセオを見た途端に、「アー!とうとうローマに来たんだ!」と、感動と実感が湧いてきました。

  ホテルの名前がパラティーノですので、古代ローマ遺跡のすぐ近くだと言う事は解るはずですが、初めてのヨーロッパ添乗で舞い上がっていたんだと思います。

  ローマでは市内観光の後にチボリ公園とヴィラ・アドリアーナの庭園を見学し、鋭い陽差しの中、プールのような池にギリシャ風の戦士の像と柱の立ち並ぶ古代ローマ皇帝ハドリアヌス帝の別荘だった、ヴィラ・アドリアーナを訪れました。

 プールの奥に見事なキョウチクトウの赤やピンクの花が咲いていました。種苗会社にお勤めだったメンバーの方が「こんなに見事な花はとっても珍しいよ!」と、公園のギリシャ風の像そっちのけで場違いのキョウチクトウの花を夢中で撮影されていた姿がとっても印象に残っています。

  自分が初めて作ったヨーロッパツアーで、イタリア、スイス、ドイツ、オーストリア、イギリスと、ヨーロッパの古城と花と庭園を巡る2週間のツアーで75万円ぐらいだったと覚えています。当時自分の給料が7万円ぐらいでした。本当にヨーロッパは遠い異国の地でした。

date

2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2002